クリスマスじたく2018を終えて

0

     

     

    クリスマスじたく、あっという間に会期が終わりました。
    足を運んでいただいたみなさま、ありがとうございました!

    今年は1日をのぞいてほとんど在廊できていたので、多くのお客様とお話できました。

     

     

    kohさんには2013年の個展からお世話になりまして、
    翌年からグループ展を企画する機会をいただき、早5年が経ちました。
    冬のグループ展は今回が4年目になります。

     

    5年という年月で、メンバーが入れ替わりながらも試行錯誤してきまして、
    毎年楽しみにしてくださる方ができて、お客様といろんなお話をしながら毎年を振り返り、
    会場に入って、にこにこしながら見ている姿を眺めながら嬉しさがこみ上げてきました。

     

    展示前はひたすら作り、次はこれ、その次はあれ。とこなしていくうちに
    全ての工程が終わるとすっかり何かがからっぽになっているような気持ちになるのですが、
    会期がはじまり在廊していると、また何かがそこに満たされていくような気がします。

     

    来年も5月と11月にまたkohさんで企画する予定ですので、今から楽しみです。

    2018年の展示予定は今回で最後で、次回の展示は吉祥寺mono galleryで来春ひな祭りの頃を予定しています。

     

    それと、今回展示で出していた豆皿とクッキーのセットを引き続き

    東大和のサンサンベーカリーさんでご覧いただけます。
    よろしければお立ち寄りください。

     

    我が家も早速今年集めた品々でクリスマスじたくをしながら、またいろいろ作っていきます。

     

     


    クリスマスじたく参加者のご紹介

    0

       

      初日オープンしました!

      穏やかな秋晴れ。

      この展示がはじまるといつも鼻先に感じる風が冬のかおりに変わるタイミングな気がします。


      せっかくなので、クリスマスじたくでご一緒する6名の作家のご紹介します!

       

       

      今年から参加のnuico doll studioさん。

       

      部屋のインテリアにもなる大きなぬいぐるみから、子供がお友達にできるサイズのぬいぐるみまで。
      様々な素敵な作品を生み出すスタジオです。

      今回はぬいぐるみに加え、子供服(今回は90センチのみ)や刺繍ワッペンなどが揃います。
      刺繍は横振り刺繍というミシンの技術で作られています。

      足のペダルを踏み込む力加減がそのまま糸の幅になるという方法で、
      少しの力加減が模様の出来を左右する難しい技法なのです。

      nuicoさんの生み出す独特の視点のモチーフが面白いですよ!

       

       

       


      サニーサイドさん

      清瀬で果樹園をされています。
      果樹園ではフルーツそのものが買えますが、
      今回は手塩にかけて育てた果物をジャムにしたものを販売していただきます!
      展示に合わせてササキサキコちゃんのオリジナルラベルです!
      ラベルと同じイラストのメモ帳もあり、とても可愛いです。

      サニーサイドマルシェというマルシェも果樹園でたまに開催しています。
      ぜひ現地も訪れてみたいです。

      https://www.facebook.com/sunnysidemarche/

       

       

       


      小林真夕さんからは、今年も素敵なリースやスワッグが届きました!

       

       

      いつも凛としたきれいさをまとう真夕さんの生み出すお花のオーナメント。

      今年は白を基調としていて、昨年のワインレッドやダークトーンのものとはまた違う印象です。
      清涼感のある色合いが作るリースは、通年飾れるような、かといってクリスマスも思わせるそんな大人な雰囲気です。
      苔の可愛い天井から吊るしたくなるモスリース。4色の色合いが心地いいリース。
      カラフルなクリスマスリースとはまた違った魅力がたくさんです!

       

       


      サンサンベーカリーさんからは、今年も白いちじくのシュトーレンが届きました!
      小さめのお試しサイズから、たっぷり食べれるサイズまで。
      毎年ギャラリーでの販売を楽しみにしてくださる方も多く人気です!

      ササキサキコさんのオリジナルラッピングでお包みしています。

       

       

       

      ササキサキコさんはDMやラッピングペーパー、シールなど展示のイメージを作ってくれています!
      コラボの商品は、サニーサイドさんのジャムに合わせたイラストラベル。

      果物メモ帳など、コラボ作品満載です!

       

       

      stab sweetsさんのクッキーに合わせたアイシングラッピングは全て手描きな上に柄が全て違うということで
      選ぶのを迷ってしまうかわいい品です。

      人気のカレンダーは今年は通年楽しめるポスタータイプ。
      クリスマスのハガキや、あたたかな色合いの絵もいくつかあります。

       

       

       


      竹内優美さんはオリジナルデザインをシルクスクリーンで染めた布を作るところから、
      その布を加工して商品にするところまで全てお一人でされています。

      展示に合わせて新しい柄のストールを出してくれます!
      今回も冬を鮮やかに彩る楽しげな柄が目を引きます。

      私が気になったのは、ワインや日本酒のボトルを運べるバッグ。
      これでお土産にお酒を持って行ったらかわいいこと間違いなしです。

      三角や四角のフレームもお部屋を可愛く彩ってくれそうです。

       

       

       

      クッキー作家のstab sweetsさんからは、今回アイシングではなく、

      コラボクッキーやオリジナルフレーバーティーなどが届きました!

      私のお皿の柄や色に合わせてクッキーを入れていただきました!

       

       

      私を含め7人のクリスマスじたく。ぜひお立ち寄りください!

       


      明日展示オープンです!

      0

         

        いよいよ今年も21日よりクリスマスじたく展オープンします。

         

        グループ展を企画するところからはじまり、7名の作家が集まりました!
        毎年開催していますが、その年ごと、メンバーごとに
        会場ががらりと変わって見えるのが面白いところです。

         

         

        搬入中は各々の作品を並べる他、コラボした商品をセッティングしたりします。
        ジャムにラベルを貼ったりやセットのお皿とクッキーを詰めたり。
        和気あいあいと作業が進み楽しみなひとときです。

         

         

        明日はオープンから会場にいます!
        23日が子供の作品展と重なっており、在廊できるか微妙なところですが、
        その他は16時前くらいのどこかで会場にいる予定でいます!

         

        よろしくお願いします!

         


        クリスマスの足音

        0

           

          11月に入ると、毎年クリスマスをテーマにした展示のことを考えだします。
          早すぎる街のクリスマスイルミネーションもちょうどその気分を後押ししてくれます。

           

          クリスマスじたく

          11月21日(水)〜26日(月)
          11時〜18時(最終日17時)

           

          今年はまた新しいメンバーが参加してくれます。

           

          可愛い刺繍や子供服をつくるnuicoさん。
          果樹園を営むサニーサイドさんからはフルーツジャム。

          どれも揃うのが楽しみでなりません。

           

          会期が近づいてきたらまたお一人づつご紹介いたします!

          まずはお知らせまで。

           


          札幌にいきました!

          0

             

            先日札幌に行ってきました!

             

            天気予報では全日雨ということで、雨装備をばっちり持って出かけたのですが、
            ほとんど小雨がぱらついた程度で晴れた街を散策できて、それだけでラッキーでした。

             

            ギャラリーの入るspace115は最近北海道の雑誌にもよく載っている作家の集まるビルでした。
            このビルに入るときは、行きたいお店のインターホンを押してロックを開けてもらい入るのですが、
            初めてきた私にはなかなかドキドキする瞬間で、作家の友人に一緒にきてもらっていて良かった。

             

            各フロアーにいろんなお店があり、七宝焼きや木工のアトリエ兼ショップ。
            おしゃれなレコード屋さん、おいしいケーキ屋さん、
            すてきなお店がひしめき合うビルの一室にがたんごとんさんがあります。

             

             

            扉の壁にはふかふかにほうき草が干してあります。

            中ではほうきを作っているオーナーの吉田さんが迎えてくれました。

             


            ほうきのアトリエでは、中津箒が並び実演を見ることができます。

             


            あたたかな光の部屋に本が並びます。そこに今回は器を並べていただきました。

             

             

            器の雰囲気に合わせてオーナーご夫婦が選んでくれた本はこんな感じです。

             


            本棚には歌集や詩集が多いそうですが、変わり種もあります。
            私はこの本を見ながらも、密かに全国のもなかの本をじっくり眺めたりしていました。

            本棚の一角にも作品をちょこっと並べてもらえたり。

             

             

            こどもがいても気軽に入れる感じで心地よい空間でした。

             

            札幌は雪が降り始める前の秋を楽しむ最後のシーズンに入ったようで、
            来週から雪が降り始めるかもなと聞きました。

            ぐっと冷えて澄んだ空気の街はどこにいっても紅葉がきれいで、落ち葉拾い、木の実拾いに夢中でした。

             

             

            今回立ち寄った中で、北海道大学の植物園がとても素敵でした。
            上を見上げて木々の色に深呼吸して、
            下を見ながらどんぐり、とちのみ、サンザシなど拾い集め、
            林の中を覗いては面白い木の実や種を発見してなかなか前に進みません。
            夢中で集めて短い時間でしたがこれだけ集まりました。

             

             

            一日中ここに居たかったですが、ぐっと寒さも響いてきたので今回はこれだけにしました。

            あんな森が近所にあったら毎朝散歩してしまいますね。

             

             

            展示は金土日とまたオープンします。

            ひき続きよろしくお願いします!

             


            北へ向かう鳥

            0

               

               

              朝晩肌寒くなってきましたね。


              先日早起きして窯出しをしようと庭に出ると、まだ誰も朝の準備をはじめていない空気に生活感はなく、
              高原美術館を訪れたときのようなさわやかさに思わず深呼吸しました。

               

              北海道にもっていく作品を仕上げて梱包し、発送しました。
              あとは無事に届くのを待つばかり。

              10月27日よりはじまります。

               

              梶山友里 ミニ陶展
              「とりかげのあと」

               

              10月27日〜11月16日
              (open 10/27.28 11/2.3.9.10.16)
              ※金土日のみオープンなのでお間違いなく。

               

               

              先日あげた箸置き、こんな風に焼き上がりました。

              小さな作品が多いですが、予定よりたくさんお届けできたので

              どんな会場になるか楽しみです。


              北海道に向けて

              0

                 

                10月は運動会に遠足、お祭りにハロウィンと毎週いろんなことがあり、
                家族の行事と自分の準備で毎日が瞬く間にすぎていく気がしています。

                 

                そんなに盛り込まなくてもまだまだ11月もいい季節なのでは。と思いつつ、

                見上げた木々の色に秋が深まっていくのを感じています。

                 

                10月27日より北海道で展示がはじまります。
                 

                今回の展示はタイトルを本屋さんを営むオーナー夫妻にお任せしました。

                 

                鳥を共通テーマにしようということで、「とりかげのあと」というタイトルになりました。
                これは「鳥影が射す」という来客が来る前兆を表す言葉からとったものです。

                印花(いんか)を押して模様を器に残す装飾を鳥影に見立てて、

                いいことが訪れるような余韻を感じる器というタイトルだということです。
                そんな余韻を残せたらいいなと器にしながら模様を考えています。

                 

                箒のアトリエと本のお店 がたんごとんは金、土、日が営業日です。
                10月27日〜11月16日という長い会期ですが、7日間の展示となります。
                お近くの方はぜひお立ち寄りいただければと思います。

                 

                 

                鳥のテーマに合わせて、鳥の本も並ぶ予定です。
                どんな本が見れるかも楽しみ。

                本をモチーフにした箸置きも準備中です。

                 

                今は北海道にいける喜びをひたすら目の前にぶら下げて走る馬のごとく仕上げに向けて走りたいと思います。

                 

                 

                 


                10,11月の展示

                0

                   

                  嵐のように過ぎていった9月最後の日が本当の嵐と共に過ぎていきます。

                  あまり台風の被害が出ないといいのですが。。。

                   

                  思い返すと9月はひたすら雨に翻弄されていました。

                   

                  雨に濡れながら急いで自転車で迎えに走る毎日にだいぶ気力を持っていかれ、
                  夏は1日で乾いていた作品が雨つづきで乾かず思い通りに進まなくて憂鬱に思いがちですが、

                  秋は美味しいものがたくさんあるので、1日の合間にお茶の時間があるととてもなごみます。

                   

                  これはお月見の日のお茶時間。栗羊羹と栗大福。

                  栗の季節はたまりません。

                   

                   

                  さて、これから10月11月は展示が控えています。

                   

                  10月27日から札幌にあるほうきのアトリエと本の店 がたんごとんさんで展示をすることになりました!
                  こちらは中津箒の職人である吉田さんのお店です。

                   

                  北海道で展示するのは実は2回目。
                  何年も前に小樽美術館に少しだけ展示させてもらったことがあります。
                  久しぶりの北海道。地震の影響もまだまだ心配ですが、それ以上にやはり楽しみです。

                   

                  11月21日からは毎年この季節に開催しているクリスマスをテーマにした展示があります!
                  西武柳沢駅のspace koh(コウ)さんでのグループ展。
                  今年も新メンバーも加わり、楽しいことを企画中です。
                  年に2回、企画を任せてもらっているので、自分にとって欠かせない楽しみの一つになっています。

                   

                   

                  どちらも詳細はもう少し近づいてからおしらせします。

                  また10月も11月もあっという間に過ぎていきそうです。


                  ギャラリー山咲木

                  0

                     

                    台風の影響で雨がぐっと涼しさをつれてきた朝。
                    9月に入ると秋らしくなっていくのでしょうか。

                     

                    昨日は参加中の展示にいってきました。
                    ギャラリー山咲木さんは人形町にあるギャラリーです。

                     

                     

                    今回は工芸の作品を作る方々と一緒に展示させてもらいました。
                    漆や伝統工芸の作品たちに囲まれていつもと違う雰囲気の展示会にぐっと引き締まる気持ちでした。

                    酒器ということで、ぐっと種類を絞っての展示で、いろんな酒器からその作家の方がどんなお酒が好きなのか

                    わかるような気がして、想像しながら見ていました。

                     

                    会場は水天宮のすぐ近くだったので、新しくなった水天宮にも立ち寄り、子供の成長報告をしたり。
                    お近くのヒナタノオトさんで開催中の友人の展示会にお邪魔したり、人形町を満喫できた1日でした。

                     

                    酒器展の会期は今日までです。
                    これからまた10月、11月と展示会が続きます。

                     


                    彩盃展 はじまりました。

                    0

                       

                      夏が過ぎてゆく。肌寒くなると寂しいものだな。と感じていた先週の気持ちはなんだったのか。
                      また立っているだけで汗ばむ夏復活ですね。


                      夏の終わりは、もう暑い日はそろそろ終わりたいという気持ちと、
                      秋がくるのは少し寂しいという気持ちのせめぎ合いでいつの間にか季節が変わっていきます。

                       

                      先日ちょうど台風が接近した日のこと。
                      近づいていることを忘れて、こどもたちと森遊びをしていました。
                      外は土砂降りでも、森の木々に囲まれているとしとしと雨に変わり不思議と嫌な気持ちはしないものですね。

                       

                      とはいえ雨の中を遊び続けるわけにもいかないので、小雨に変わった頃、足早に家路に向かうと
                      レースのカーテンがひかれたような景色に遭遇しました。
                      その境界線を超えた途端、滝のような雨。
                      はじめて雨雲のはじまりをみました。


                      さて、今日から人形町での酒器の展示会に参加しています。

                       

                       

                      2018年8月25日(土)〜9月2日(日)
                      11時〜19時 ※最終日は17時まで
                      彩盃展 ー彩りの酒器ー
                      陶器に漆器、木工、金工、ガラスの酒器が楽しめます。
                      夏はソーダや氷で果実酒を割るのも好きなのでカップもいくつか作りました。
                       
                      各作家10種程度なのですが、たくさんの作家の方が参加しているので、私も会場にいくのが楽しみです。
                      9月1日と終わり際になりますが、その日は少し私も会場を訪れる予定です。 


                      今日は会場にいけなかったのですが、もうひとつギャラリーに納品にいってきました。

                       


                      西荻窪のFALLさんでいつも置いていただいている鳥のブローチが完売したとのことでまたいくつか置かせていただきました。
                      ギャラリーでは夏らしい涼しげなガラスの器展が開催してました。



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      profile

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM